あそびの引き出し 親子運動【メリーゴーランド】



子供はグルグル回ることが大好きです。

ほっといてもグルグル回っている事ってありませんか?

子供の三半規管はこれから発達していくので回ることで鍛えられていくのでいいのですが
大人は回らないと退化の一途をたどっていきます。

こういったあそびで三半規管を刺激しておきましょう。

 

回ると言えばでんぐり返し。こちらのページで詳しく説明してあります。

遊び方

まわりにぶつかるものがないことを確認して行なってください

①脇を抱え持ち上げます。

②勢いをつけてグルグル回します。

③遠心力を利用して上下に動かしながら回してあげてください。

自分の体力も考えて2,3周で一旦休憩してくださいね。

スポンサーリンク

応用編

親の親指を握らせ、子供の手を被せるように手首を持ち、持ち上げて回してみます。

過度に早くまわしすぎると腕が抜ける危険もあるので程々のスピードで回してあげてください。

 

他にも親に身を預けて行なう運動で人気な運動はこちらです。

運動の解説

 

得られる運動能力

回転感覚

振りの感覚

高さ感覚

腕の力(応用編)

 

が身につきます。

回転感覚は三半規管の強化になります。
車酔いやバランス感覚は三半規管の影響が大きいのでこういった運動で三半規管の強化をしてくださいね。

 

抱っこや肩車など、高いところに上らないことには
高さへの恐怖心はなくなりません。

鉄棒運動でよくつまづいてしまう子供のほとんどが
高さへの恐怖心です。

足が離れた状態での棒上腕支持は
高さに慣れていない子供や
鉄棒が初めての子供にとってはかなり勇気のいることで
鉄棒の上にお腹が乗ってしまい痛みと恐怖で鉄棒が苦手になってしまう子供が多いんですね。

ですので高さに慣れておくことや振りの感覚などで
足が離れた状態でも運動ができるように
なっておくことで鉄棒運動もスムーズに入っていけると思います。

 

鉄棒の導入から前まわりおりまで。幼児の段階的な練習はこちらで詳しく説明しています。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA