あそびの引き出し 親子コーディネーション運動【腕ブランコ】



このブログでも腕の力の必要性はいろいろと伝えてきました。

とっさにボールなどが飛んできた時などは腕で頭を覆ったり、
転んだ時やつまずいた時は腕が出ます。

やはり、腕というものは身体を守る一番の手段であり
筋肉をつけなくても小さなうちから
腕を使った運動をしておくことで
関節や骨を強くなっていきます。

それに付随してバランス感覚も備わってきますし、
バランス感覚がついてくると
身体の使い方も上手になってきます。

今日紹介する腕ブランコは2歳くらいからでも十分できるあそびですので
ぜひ小さなうちからスキマ時間で遊んでみてください。

【遊び方】

まわりにぶつかって危険なものがないか確認してください。

①大人の片手に子供がぶら下がります。

 

 

②子供が落ちないように気をつけながら腕を振ります。

 

スポンサーリンク

【発展形】

発展形というよりも
まだぶら下がりが長くできない小さな子供には
手を繋いでやってあげてください。

その際、子供を大きく振ると
肩や腕を痛めますので
短い時間で少しづつ行うようにしてください。

【運動の解説】

 

得られる運動能力

高さ感覚

筋持久力

バランス感覚

 

自分の力でぶら下がるという運動は
鉄棒などにおいて重要になってきます。

こういった運動が身についていると
雲梯や登り棒などの固定遊具も
スムーズに遊べるようになっていきます。

もちろん過度な筋力は必要ないので
子供の限界まで行なう必要はありません。
子供も大きくなってくると
なかなか親もしんどくなってきますので
お互いに無理のない程度に楽しんでください。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA