あそびの引き出し 親子運動【ロボット歩き】



今回は2歳児くらいからでもできる運動です。

わりとメジャーな運動なので
誰でも一度はやったことが
あるかと思いますが

運動の意味を知ることで
また違った声がけや
方法も見つかったりもします。

いつも言う事なんですが

経験は発想を生みます。

親もいろんな経験をして
新しい発想を発見してください。

遊び方

①両手をつなぎ子供は親の足の上に乗ります。

②落ちないように足を大きく出して歩きます。

③前後左右、いろいろな場所に移動してみましょう。

「ワニがいるぞー」

などと声をかけながら
なるべく落ちないようにやってみましょう。

 

歩幅を大きくしたり
小さく小刻みにしたり
横歩きしたり
「1,2,1,2」と声をかけながらリズムよくやってみてください。

スポンサーリンク

応用編

逆向きになって歩いてみます。

落ちないように二人で同時にジャンプしてみます。

これは成功率が低いですができると達成感があります。

運動の解説

得られる運動能力

筋力

バランス感覚

リズム感覚

協応性

を養う運動になります。

 

これは家だけでなく
外でも気軽にできる運動ですので
ちょっとした待ち時間などでも子供と遊べます。

周りに迷惑にならないようにやってください。

 

リズム感はバランス感覚を刺激します。

 

リズムの良い声がけ一つで
子供の動きも良くなったりします。

声に限らず
場所設定や効果音などごっこあそびの要素を
取り入れて
いろんな言葉を
かけながら楽しく運動してください。

 

また、二人で同じ動きをする、
一つの動作をすることで相手の動きを知る、
相手の動きに合わせるなどの協応力も身につきます。

スポーツに限らず
人の動きを見て自分が動く事が多くなります。

こういった運動で人の意思を汲める感覚も身につけておいた方がいいですね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA