妻の入院 5日目 子供の心



こんにちは杉本です。

妻が入院して5日目を迎えました。

そしてうだるような暑さが続きます。35℃の毎日が続くと心の余裕もなくなってきますね。
それでも今日は祝日で主な予定もありませんので
妻が返ってきた時に愕然とされないように
午前中バスマットやキッチンマットの洗濯や掃除機がけを行ってみました。

次女の心は?

今回の妻の入院で一番の気がかりだったのは
5歳の次女です。

当然母親LOVEな娘達なので、
別れ際だったり家での生活だったり
どこかで母親を想い
泣き出したりするのかなと思っていました。

実際、数年前

妻が虫垂炎で入院したことがありまして。
当時は長女が4歳、次女は産まれていません。

また次女が産まれて一週間の間。この時長女はもうすぐ6歳になる頃でした。

 

離れ際の子供の泣き叫び、号泣は
経験された方もいるんじゃないでしょうか。

 

当然長女は泣き叫び、あの手この手を使って気を紛らわせたり
泣き疲れて寝るというパターンでした。

 

ところが今回の次女には
それがなかったんですね。

 

彼女の中で我慢したり頑張ったりしたのもあるでしょう。

あともう一つ、

これは妻とも話したのですが

家と保育園からものすごい近い病院だった。

 

ということも関係しているのかなと。

 

家から病院までは車で10分。

保育園から病院は車で3分。保育園のお散歩でも通るコースに病院がありまして。

ですからあらかじめ「ここに入院するんだよ」と何度か言ってあったんです。

 

逆に以前に入院した病院は
車で30分以上かかる場所でした。

 

そう考えると

知っている病院

というのは子供に安心感を与えたのかな、と。

 

面会へも休日は10時から面会可能でしたので
一日2回面会に行けましたし。

帰り際も普通に「バイバーイ、また明日ね~」でしたので。

そういった部分では非常に助かったなと。

 

ただ、入院4日を過ぎて少し変化が。

スポンサーリンク

表には出てこない心

昨日はW杯の決勝戦。

ブログを書き終えて0時からリビングで観戦していたんですよ。

そしたら


寝ぼけて階段を下りてきましてね。

ちょうど試合終了直前でしたので
慌てて電気を消して一緒に寝ました。

けっしてうるさくしてた分けではないんですが

夜というのは子供を敏感にさせるのかなと思いましたね。

 

その後はもぞもぞとしていましたが

顔も蹴られず朝まで寝てくれましたが。

 

明日からまた学校、保育園が始まるということで

今日は無理をせず

最近気になっているiPadを見に行ったり

書店に本を買いに行ったり。

暑いのでなるべく涼しい場所を求めてブラブラしてました。

長女の同級生の親御さんが気遣って一緒に長女を連れ買い物に誘ってくれたり。

そういったところは人に恵まれたなと。


こちらのツイートでも述べましたが
まわりに助けられるってホント励みになるし嬉しいですよね。

もちろん、向こうが大変な時は
こちらも全面的に協力しますし。

孤立していい事なんて一つもありませんから。

 

気持ちの張りを忘れずに

さて、明日は退院予定日

病院食を食べれるのもこれが最後です笑

明日の支度も言われずできるようになってきました。

 

帰ってきたらいっぱい甘えさせて、褒めてあげ、
いろんな成長を感じてもらえたらいいなと思います。

がっかりさせる部分もあるとは思いますが…



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA